ネキシウムは胃酸の分泌を抑えて、胃酸による胸やけや吐き気を沈めてくれます。病院でも実際に処方されている薬です。ネキシウムがあれば脂っこいものを食べてしまった日でも、あの嫌な胃のむかつきを感じなくて済むのです!

ネキシウムで笑顔になった女性

ネキシウムは病院でも処方されているから安心

ネキシウムは有効成分エソメプラゾールを使用した医薬品で、胃潰瘍や逆流性食道炎の治療に用いる胃酸分泌抑制薬となります。日本では2011年に承認され、国内で4番目の最新のプロトンポンプ阻害薬となっています。これまで販売されていたプロトンポンプ阻害薬よりも効果や安定性において大きく改善され、個人差の大きかった以前の薬とは違い、誰にでも同じような効果を発揮できるのが大きな特徴です。また、同じように胃酸分泌抑制を担うH2ブロッカーとは大きく異なり、胃酸を放出する原因となるプロトンポンプに直接作用することで強力な胃酸の分泌コントロールができるようになっています。いくつかの臨床試験が行われ、安全性と効果の両面で優れた結果を出したことから、胃潰瘍や逆流性食道炎では第一選択とされるようになっています。胃潰瘍、十二指腸潰瘍、逆流性食道炎、非びらん性胃食道逆流症などの胃腸障害全般に治療効果がありますが、加えて胃がんの病原菌として知られるヘリコバクター・ピロリ菌の除去補助にも高い効果を発揮することが知られています。ドラッグストアなどで販売される胃腸薬とは違い、第一類医薬品に分類されるため、近所のお店で気軽に購入するということはできませんが、国内で認可を受けている医薬品なので、医師の処方によって購入することはできます。ネキシウムによる治療は最長8週間となっていることから、保険が適用されるのも8週間までです。海外からの個人輸入によって入手することもできるので、安い価格で購入して常備薬にするといった方法も可能となっています。ただし、無闇に使用すると肝機能値に異常がでたり、思わぬ副作用を引き起こすこともあるので注意しましょう。